タイソン:自我と再起

by | 0 comments

自己の重要感を満足させる方法は、人それぞれに違っており、その方法を聞けば、その人物がどういう人間であるかがわかる。自己の重要感を満足させる方法によって、その人間の性格が決まるのである。

D・カーネギー、「人を動かす」

恥は成功をインスパイアすることが多い。「これをしたら、みんなに好かれるだろう。」おかしいでしょう。どうしても認められたい。創造できるかな?ただただ認められたい。畏敬の念を抱いてじっと見られたい。それはどんなマインドセットなのか?あの自惚れなんだ、他人に見られたいんだ。狂っているだろうが!絶対に狂っているんだ。

マイク・タイソン

ストリート・ファイトは人生で2回しかなかった・・・人をぶっ投げたい目をしたことがなかった・・・ただ、一番になりたかった、特別になりたかった。

シュガー・レイ・レナード

認知的不協和と自我

人間に最も難しいことは、反対の2つのアイデアを同時に持って生きていくことなんだ。

  • あなたは自分の世界の中で一番大切なものだ。
  • 世界の中で一番大切なものじゃない。

すごいことを達成したことがある人には、それらの考え方は、特に、バランスを取りにくい。愛、認めや称賛を探して、手に入れたけど、まだ満足できない人が少なくない。世界を支配する人でも、何も持っていないと思うことがある。自分がすごいっていう客観的な証拠があるのに。しかし、心の中にある空っぽの感覚にさらに惑わされ、イライラにするだろう。

あまり実績がない小さな男には、そのすごい男性を同情することが難しいだろう。長い間に、僕もそんな人だった。力、富や栄光を手に入れた人が不満足って感じがある?別に嫉妬していなかった。でも、彼らの立場に立っていたら、そんな感情を感じないと思っていただけ。

そのことを理解できるようにしてくれた会話を聴く機会があった。

鉄のマイク

マイク・タイソンをご覧ください。ボクシングの元ヘビー級の世界チャンピオンだ。彼が全盛期だった時に、最も怖がられたボクサーの一人だった。厳しい気性と日常的な素行の悪さで悪名が高かった。

生まれた時から、タイソンはとても苦しんでいた。生まれる前に、お父さんはお母さんを捨てた。危険な地域で育てられた。子供の頃、ハトをペットとして世話をしていた。ある日、年上の男の子は一匹のハトを奪った。返せって言った。年上の男の子は「返してやる」と言った後、タイソンの前で、ハトの頭をもぎ取った。

あまり自分のお母さんを知らなかったとタイソンは言う。彼の前で幸せやタイソンに自慢をしなかった。タイソンは16歳の頃、お母さんが死んだ。ボクシングのコーチはタイソンを養子にした。

タイソンによると、コーチはタイソンを愛してくれる初めての人だった。コーチがタイソンに催眠術を使って、タイソンを猛烈的なボクサーにしたことで有名。コーチはタイソンを強く育てた。タイソンが強いと言ってくれた。チャンピオンになるぞとも言ってくれた。

タイソンはコーチを幸せにするために生きていった。

コーチが死んだすぐ後、タイソンは20歳の時に歴史上の一番若いヘビーの世界チャンピオンになった。

コーチはタイソンに愛と強さを教えてくれたけど、謙虚を教える時間がなかった。タイソンに自我を発揮することを教えてくれたけど、抑えることを教えなかった。結果は、タイソンは自分の自我で今でも苦しんでいる。

マイク・タイソンが感化された、もう一人の伝説のボクサーであるシュガー・レイ・レナードとの会話で、タイソンは自我が行う苦労を話し合った。

レナードも自我で苦しんだ。2人とも自分の歴史を表現することであがく。2人は自分の罪と苦しみを告白する間に、会話は変にあっちこっちに回り走る。レナードはなぜ表現することであがくかと言えば、自分のことについて二つの言いたいことがある:よく聞こえることと、事実だ。

その会話のおかげで、すごく成功したえらい男性でも、何で幸せになれないことを学んだ。

そして、そういう男性はどうやって過去の罪から解放して、幸せになれる方法も、教えてくれた。

混乱

タイソンは自分の自我について矛盾した感じを表現する。一方、自我に苦しませられた。レナードのように、タイソンは特別になりたかった。その前のタイソンは病気だったと本人が言う。あのタイソンが怖い。特別になりたいという欲求はタイソンすごく苦しませた。もう一方、謙虚を学んで、自分の自我を「殺した」後、寂しいって。

タイソンはレナードとの会話の中で自分の自我について混乱した感じを表現した理由は二つあると思う。一つ目:彼の制御できない自我は本人も他人も苦しんだので、自我は怖くて、邪悪だと思っている。自我は自分を動物にした。自我はどう猛だ。自我は非人道的だ。自我はタイソンが神様で、他人がタイソンの名前を呼びあげるべきだと言った。

2つ目の理由:同時に、自我がないと、自分が無、心の中が空っぽって感じがする。時々、自我を殺したから、自分が弱くて情けないと感じるって。

タイソンは自我が邪悪と必要だと思っているので、常に自我と戦争をしている。

みんなは自分なりに、同じ戦いをしている。でも、僕は秘密を知っている。この混乱した感じを解決して、制御ができなくならないよう、自分の自我を認める方法を知っている。

秘密はこれ。このアイデアを少し考えればいい。

自己の重要性に対する欲求は非人道的じゃない。逆に、その欲求は一番人間的なことだ。自分の重要性を感じたいってことが悪くない。自分の肉体的で精神的な健康に、自分の重要性を感じることが肝心だ。生死に関わることだ。

もちろん、そのアイデアを自分で考えるほど賢くない。いろいろな人のおかげで理解できるようになったけど、一番はっきりと表現してくれた人はD・カーネギーとハワード・ブルームだ。

みんなは光栄を欲求している。

カーネギーは「人を動かす」という本の中で、自分の重要性を感じたい欲求の普通さをうまく表現した。ブルームは「ザ・グローバル・ブレイン」という本の中で、どうやって、そしてなぜその欲求が成長して、その欲求の必要性を教えてくれた。

カーネギーがこう書く:

自己の重要感に対する欲求は、人間を動物から区別している主たる人間の特性である。

・・・

もし、我々の祖先が、この燃えるような自己の重要性に対する欲求を持っていなかったとすれば、人類の文明も生まれてはいなかったことだろう。

・・・
自己の重要感を満足させる方法は、人それぞれに違っており、その方法を聞けば、その人物がどういう人間であるかがわかる。自己の重要感を満足させる方法によって、その人間の性格が決まるのである。

カーネギーはタイソンが自分は特別だと感じたい欲求を持つのが病気だと言わないはず。その欲求の程度が問題になっていたかもしれない。どうやってタイソンがその欲求を満足することも話し合ってもいい。しかし、他の人にじっと見られたと思っても、何も悪くなく、何も病気のマインドセットじゃない。

自信を持っているどんな男性でも、自分の子供の褒め言葉と感謝でも、妻の愛でも欲求しているだろう。事務所に入ったら、同僚に自分の名前を呼びあげられたいだろう。アマゾンに売っている商品のいい評価をもらいたいだろう。一週間にいらない頑張って完成したミームをアメリカ大統領にリツイートしてもらいたい。

自信を持っている男は死んだ後に、記憶に残りたい。彼は自分の生活を永遠に未来へ響かせたい。光栄を欲求している。

なぜって?ブルームはその質問を答える。

みんなには光栄が必要だ。

ブルームは「ザ・グローバル・ブレイン」で全部の生き物が、限定されている資源を集めたり、配分したりすることによって社会を編成する。自然はある人が発言した簡単な原則によって動く:

おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。

菌と人間の社会も複雑な学習機会だ。僕たちは生殖して、さらに複雑な形の生物を生み出すために問題を解決する。個人のユニットは機械の目的である資源収集と生殖のために生きている。制限されている資源は社会の中にいるユニットに配分しなくてはいけない。僕たちの社会は誰に資源を配分するのか決める方法は?答えは:機械に与えている分の価値によって、ユニットに資源を配分する。そうやって、機械は自分の意志を個人に押し付ける。

機械は資源をあなたに配分したら、あなたの働きには価値があるということを伝えている。あなたの命が価値があるということを伝えている。

人間は価値が高い人間に2つの種類の資源を配分する:お金と関心。その上、人間の機械はもっとも役に立たない人間を「消す」。どうやってって?人はお金も関心も貰わなかったらーーつまり、僕たちは自分の命には価値がないと感じたらーー憂鬱になる。憂鬱は人のオフスイッチだ。憂鬱には体が免疫システムを弱くして、元気を奪う成分を出させる。

グローバル・ブレインに欲しがっていないと感じる人は遺伝に組み込まれているオフスイッチで自分を少しずつ殺す。

逆もそうだ。社会の役に立っていると感じたら、僕たちの体の防御が強くされて、元気いっぱいになる。

お父さんに放棄され、お母さんに愛されなく、近所の人に脅かされ、そしてボクシングのリングで同じような歴史がある野蛮人と戦わせられたマイク・タイソンは、「恐怖で頭の中がめっちゃくちゃになっていた」と言う。ブルームが言うことを考えれば、それは当たり前だろう。逆に、コーチを幸せにしたくないわけでしょう?観客から自分の名前が大声で叫びあげられたくないわけないでしょう?

タイソンの体の中に全部の細胞は、死なないって伝える注意を渇望していた。

再起

問題は自分の名前を自分の頭の中に繰り返すことじゃなかった。問題は、深いところに自分を愛していなかったために、欲望を感じたいという最初の衝動を満たすことができなかったことだった。恐怖と不安を抑えられなかった。ずっと、機械の目に見られていることを意識していた。ドラッグとセックスは一時的に痛みを静かにした。しかし、子供の頃の傷は深かった。

どうやってそんな地獄から脱出できるのか?グローバル・ブレインの目から自分を解放できるのか?

カーネギーの「人を動かす」は1つの説明書なんだ。ノーマン・ヴィンセント・ピールの「積極的な考え方の力」も読んでもいい。マイク・サーナヴィッチの素晴らしいマインドセットのワークブックである「ゴリラマインドセット」という本もおすすめ。

それとも、タイソンがしていることをやってもいい:

0 Comments

Submit a Comment

Your email address will not be published.